[廃棄物系事業]
       
 
     
 
●廃棄物系事業
     └[産業廃棄物の種類] - [収集・運搬] - [選別作業] - [処理方法] - [リサイクル] - [マニフェスト]
 
■廃棄物系事業
     
    選別作業
●選別作業

重機ライン及び手作業により、きめ細かな選別を行っています。

 
 
 
 

産業廃棄物は排出工程では様々なものが混合または複合された状態で排出されます。本来ならば排出先で分別していただければ処理コストは下がりますが、その反面、人件費がかさむ・生産性が下がるなどの問題が生じ、現状での分別はかなり難しいものとなっております。加えて、廃掃法の改訂に伴い、安定型産業廃棄物の熱しゃく減量を5%以下とすることが定められました。

 
 
 
磁選機
 当社では従来よりこの問題に取り組み,選別ラインを導入し、19種類に分類される廃棄物をより効果的・経済的に選別作業しております。
 搬入された廃棄物を重機により粗選別し、選別ラインに乗せ振動ふるいにより定量供給を行います。コンベヤーで搬送され人力により様々な廃棄物を手選別し、磁選機で鉄くずを取り除き最終処分する物とリサイクルするものを選別します。
 
選別ライン(上口リサイクルセンター)
 
       
 例えば、空き缶・空き瓶・塩ビ管はリサイクルし、廃プラスチック類・材木や紙類等は中間処理を施すことにより減量化・無害化します。最後にリサイクルできない物だけを埋め立て処分場に搬入するように心がけております。