[廃棄物系事業]
       
 
     
 
●廃棄物系事業
     └[産業廃棄物の種類] - [収集・運搬] - [選別作業] - [処理方法] - [リサイクル] - [マニフェスト]
 
■廃棄物系事業
     
    処理方法
     
    産業廃棄物は種類により選別され、それぞれの処理方法のラインへと運ばれます。
   
●処理/測定値
 
 
 
 
 
汚泥脱水処理
     

搬入された各種汚泥は、高性能圧縮脱水機によって水と脱水ケーキに分けられます。脱水ケーキは管理型処分場へ運ばれ、埋立処分されます。

     
 

当社の脱水ラインでは工場汚水および汚泥、食品汚水および汚泥処理に対応しております。

脱水ラインの最初の工程は、汚泥を水と凝集汚泥に分離させます(下写真参照)。

脱水処理ライン
   
搬入された汚泥   
     凝集後の汚泥・・・水と凝集汚泥に分離
     

各種汚泥脱水処理には、画期的な濾材「ロンメッシュ」(日本・アメリカ・イギリス・ドイツ特許製品)装備の高性能圧縮脱水機が威力を発揮します。

この工程で、分離された凝集汚泥から水を取り除き、さらに高性能圧縮脱水機により、脱水ケーキへと加工します。

 
   
高性能圧縮脱水機
     
    圧縮脱水前
      圧縮脱水後(脱水ケーキ)
     
最終処分は?

管理型埋立最終処分場へ

     
   
     
   
焼却処理
   

法令に基づき800℃以上の高温で焼却し、ダイオキシンの発生を抑制しています。また、サーマル・リサイクルとして木くずや紙くずは焼却処理の助燃料として再利用しています。燃えがらは、管理型最終処分場へ運ばれ、埋立処分されます。

     
処理される産業廃棄物の種類
廃油・廃アルカリ
木くず・紙くず
繊維くず
動物性残さ

○鋼板製二重構造水冷式大型焼却炉

  鋼板製二重構造水冷式の大型焼却炉で、廃液も同時処理します。高温燃焼のため無縁無臭、また排ガス処理施設により煤塵が飛散しません。処理対象の範囲が広く各種の廃棄物に対し優れた処理効果を発揮します。

[燃焼温度800℃以上]

 
   
鋼板製二重構造水冷式大型焼却炉
     
   写真(左)にある上口リサイクルセンターの煙突から出ている白い気体は、水冷式構造の焼却炉による安全な水蒸気で、有害な排煙ではありません。
上口リサイクルセンター
   
     
最終処分は?

管理型埋立最終処分場へ

     
   
     
   
焼却処理
 
平成29年7月10日更新
 

排ガス測定結果

測定は2回/年

※ダイオキシン1回/年

 
種類
ばいじん
硫黄酸化物
窒素酸化物
塩化水素
ダイオキシン
単位
g/m3N
m3N/h
volppm
mg/m3N
ng-TEQ/m3
平成23年7月
0.01未満 0.5未満 71 50 0.34
平成24年2月
0.01未満 0.5未満 130 16
平成24年7月
0.01未満 0.5未満 82 15 0.17
平成25年3月
0.01未満 0.82 73 48
平成25年7月
0.01未満 0.70 100 6.4 0.17
平成26年7月
0.01未満 0.5未満 100 4.4 0.12
平成27年3月
0.01未満 0.5未満 130 10
平成27年7月 
0.01未満 0.5未満 120 5.6 0.08
 平成28年2月
0.01未満 0.5未満 88 8.7 0.06
 平成28年5月
0.01未満 0.5未満 130 46
平成28年9月 
0.01未満 0.5未満 62 14 0.42
 
         
           
     
平成24年度
焼却炉温度・
排ガスCo濃度結果
 
 
燃焼室温度
集塵機入口温度
排ガスCo濃度
備  考
測定日
ppm
 
4月1日
981 175 35.5  
5月1日
825 175 32.3  
6月1日
824 176 21.8  
7月1日
909 175 15.5  
8月1日
897 174 33.3  
9月1日
911 174 18.9  
10月1日
888 176 29.5  
11月1日
954 175 19.3  
12月1日
901 176 46.5  
1月4日
880 176 34.5  
2月1日
953 176 16.5  
3月1日
978 175 13.6  
     
平成25年度
焼却炉温度・
排ガスCo濃度結果
 
 
燃焼室温度
集塵機入口温度
排ガスCo濃度
備  考
測定日
ppm
 
4月1日
879 175 10.1  
5月1日
909 175 13.6  
6月1日
900 176 12.7  
7月1日
808 175 54.1  
8月1日
800 175 17.7  
9月2日
924 176 54.9  
10月1日
920 176 11.1  
11月1日
804 175 58.4  
12月1日
877 179 16.4  
1月4日
900 175 18.8  
2月1日
893 175 33.4  
3月1日
809 175 29.2  
     
平成26年度
焼却炉温度・
排ガスCo濃度結果
 
 
燃焼室温度
集塵機入口温度
排ガスCo濃度
備  考
測定日
ppm
 
4月1日
921 176 16.1  
5月1日
964 176 15.2  
6月1日
863 179 15.9  
7月1日
933 175 23.6  
8月1日
899 174 20.1  
9月2日
801 170 13.0  
10月1日
853 175 19.8  
11月3日
816 175 11.4  
12月1日
863 175 57.0  
1月5日
903 175 10.16  
2月2日
885 174 10.0  
3月2日
859 175 7.0  
     
平成27年度
焼却炉温度・
排ガスCo濃度結果

※メンテナンスにより、
3月は焼却炉稼働なし
 
 
燃焼室温度
集塵機入口温度
排ガスCo濃度
備  考
測定日
ppm
 
4月2日
942 174 19.98  
5月1日
873 175 10.15  
6月2日
844 175 12.7  
7月4日
903 174 22.5  
8月3日
892 175 37.1  
9月2日
877 177 14.5  
10月1日
873 187 15.48  
11月4日
832 175 13.11  
12月3日
933 175 12.51  
1月4日
888 175 101.3  
2月1日
910 176 160.3  
3月1日
- - - ※稼働なし
     
平成28年度
焼却炉温度・
排ガスCo濃度結果
 
 
燃焼室温度
集塵機入口温度
排ガスCo濃度
備  考
測定日
ppm
 
4月1日
845 175 33.4  
5月2日
905 175 51.6  
6月7日
837 175 16.3  
7月2日
836 176 22.0  
8月1日
820 175 81.1  
9月3日
810 176 10.6  
10月1日
910 176 12.8  
11月2日
899 178 12.44  
12月4日
847 175 44.4  
1月5日
880 176 11.3  
2月1日
858 176 10.15  
3月3日
883 178 11.2  
     
平成29年度
焼却炉温度・
排ガスCo濃度結果
 
 
燃焼室温度
集塵機入口温度
排ガスCo濃度
備  考
測定日
ppm
 
4月1日
811 175 3.6  
5月2日
985 176 6.9  
6月6日
884 177 5.1  
7月日
       
8月日
       
9月日
       
10月 日
       
11月 日
       
12月 日
       
1月 日
       
2月 日
       
3月 日
       
     
   

このページのトップへ

   
 
 

一部の廃プラスチック類については、処分方法やリサイクルの研究を行っており、製品も誕生しています。

 
 
 
 
 
破砕処理
   

リサイクルできない廃プラスチック類、ゴムくずは、二軸破砕機にかけて、埋立規格の15cm以内に破砕し、安定型埋立処分場で埋立処分します。

     
処理される産業廃棄物の種類
タイヤ・Vベルト
プラスチックパレット
看板・玩具
フィルム
ゴムくず
 
   
破砕設備
 

○破砕処理機

  タイヤ、プラスチックパレット、Vベルト、看板、玩具、フィルムゴムくず等、柔らかい物から堅い物まで広範囲の廃棄物を効率よく処理します。

 

   
     破砕前のプラスチックパレット
      破砕後のプラスチック片
     
最終処分は?

安定型埋立最終処分場へ

     
   
     
   
破砕処理
 
平成29年9月7日更新
 
平成26年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
廃プラ(破砕)
備  考
4月
140.9  
5月
150.5  
6月
245.9  
7月
161.1  
8月
82.6  
9月
117.8  
10月
97.7  
11月
101.1  
12月
130.7  
1月
93.8  
2月
95.9  
3月
100.9  
合計
1519.0  
     
平成27年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
廃プラ(破砕)
備  考
4月
108.4  
5月
99.2  
6月
122.3  
7月
124.8  
8月
102.4  
9月
99.1  
10月
136.1  
11月
129.0  
12月
90.7  
1月
169.7  
2月
125.3  
3月
251.0  
合計
1558.2  
     
平成28年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
廃プラ(破砕)
備  考
4月
103.2  
5月
102.7  
6月
123.0  
7月
116.3  
8月
88.4  
9月
99.0  
10月
110.1  
11月
102.6  
12月
144.8  
1月
160.1  
2月
104.6  
3月
146.7  
合計
1401.4  
     
平成29年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
金属(圧縮)
備  考
4月
   
5月
   
6月
   
7月
   
8月
   
9月
   
10月
   
11月
   
12月
   
1月
   
2月
   
3月
   
合計
   
     
   

このページのトップへ

   
圧縮処理  
圧縮処理
   
圧縮処理された金属くず等は天候会社へ運ばれ、リサイクル利用されています。
     
処理される産業廃棄物の種類
金属くず

○プレス機

プレス機は最大20リットル缶までプレスできます。1回のプレス作業での処理能力は、スチール缶約600個→約24kg、アルミ缶約600個→約12kg、20リットル缶約12個→約15kg。
 
   
プレス機
 

○インゴット

インゴットのサイズはほぼ一定で、持ち運びやすく、積載しやすい。
      インゴット
 
     
最終処分は?

リサイクル利用

     
   
     
     
   
圧縮処理
 
平成29年9月7日更新
 
平成26年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
金属(圧縮)
備  考
4月
209  
5月
150.6  
6月
165.7  
7月
126.7  
8月
81.5  
9月
103.6  
10月
127.9  
11月
97.6  
12月
99.9  
1月
175.3  
2月
220.8  
3月
224.6  
合計
1783.2  
     
平成27年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
金属(圧縮)
備  考
4月
87  
5月
90.8  
6月
112.2  
7月
97.7  
8月
67  
9月
34.9  
10月
76.4  
11月
81.8  
12月
40.8  
1月
123  
2月
114.3  
3月
135.3  
合計
1061.2  
     
平成28年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
金属(圧縮)
備  考
4月
90.4  
5月
66.2  
6月
81.2  
7月
59  
8月
87.6  
9月
71.9  
10月
91  
11月
151.1  
12月
88.6  
1月
112.4  
2月
132.7  
3月
201.4  
合計
1233.5  
     
平成29年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
金属(圧縮)
備  考
4月
   
5月
   
6月
   
7月
   
8月
   
9月
   
10月
   
11月
   
12月
   
1月
   
2月
   
3月
   
合計
   
     
   

このページのトップへ