[廃棄物系事業]
       
 
     
 
●廃棄物系事業
     └[産業廃棄物の種類] - [収集・運搬] - [選別作業] - [処理方法] - [リサイクル] - [マニフェスト]
 
■リサイクル
     
    リサイクル
次世代に残したい・・・・・・
自然と住みよい環境を。
 
 
※RPF
RPF(Refuse Paper and Plastic Fuel)とは、『紙およびプラスチック廃棄物による燃料』という意味です。再生困難な古紙のサーマル・リサイクル利用推進のため、プラスチックと混合・成型しての固形燃料化を行っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
   

ご存知のように廃棄物と言えども、資源となるものも多く含まれています。こうした資源を無駄に処理するのではなく、分別を徹底し、できるだけ多くのものを再利用に回す努力を続けています。

     
  紙への再生が困難な古紙の大半はプラスチック等との複合素材なので、プラスチックと混合・成型することにより、これまでの「かさばる割には熱量が低い」という「燃料」としてリサイクルするにあたっての問題点を解消しました。
熱圧縮成型機
   
     
  RPF固形燃料は王子製紙(株)苫小牧工場に運ばれ、燃料として有効利用されています。
成型RPF
   
     
このページのトップへ    
     
   
破砕・圧縮処理
 
平成29年9月7日更新
 
平成26年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
RPF(破砕・減容)
備  考
4月
716.0  
5月
732.5  
6月
1037.3  
7月
699.6  
8月
363.3  
9月
588.5  
10月
513.9  
11月
505.8  
12月
626.3  
1月
417.2  
2月
409.6  
3月
538.2  
合計
7148.1  
     
平成27年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
RPF(破砕・減容)
備  考
4月
562.9  
5月
562.4  
6月
594.5  
7月
631.6  
8月
530.8  
9月
517.3  
10月
710.8  
11月
652.2  
12月
583.3  
1月
803.8  
2月
664.6  
3月
1277.4  
合計
8091.4  
     
平成28年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
RPF(破砕・減容)
備  考
4月
690.7  
5月
607.0  
6月
731.8  
7月
670.1  
8月
556.9  
9月
636.7  
10月
727.0  
11月
619.9  
12月
880.8  
1月
926.3  
2月
637.0  
3月
947.7  
合計
8632.0  
     
平成29年度

産業廃棄物処分実績
(単位t)
 
 
金属(圧縮)
備  考
4月
   
5月
   
6月
   
7月
   
8月
   
9月
   
10月
   
11月
   
12月
   
1月
   
2月
   
3月
   
合計