[管理・清掃系事業]
     
 
     
 
●管理・清掃系事業
     └[下水道工事・清掃] - [テレビカメラ調査] - [浄化槽・ピット洗浄]
 
■管理・清掃系
     
    下水道管テレビカメラ調査

●下水道管テレビ調査

 
 
TVカメラ車
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

下水管が老朽化してくると、地震や車両往来による振動などが原因でクラック(ひび割れ)や破損が発生します(例6・例7)。放置しておけば、下水管から外に漏れ、その周辺の土壌を汚染することになります。

 
 
 
 
   
(1)使 用 機 材
  • 高圧洗浄車・・・管渠内のテレビ調査を行う前に、調査精度をあげるために管内の洗浄を行う。
  • 給水車・・・ 高圧洗浄車の水を補給することに使用する。
  • 吸引車・・・ 管渠内の土砂、汚泥等の吸引を行う(パワーブロベスター)。
  • テレビカメラ車・・・ 管内の継手部分の接続状況、管璧の状況、取付管の接合状況等をテレビカメラヘッドを管内に導入し、モニターテレビにより、監視を行いながらビデオテープへの収録を行う。
(2)作 業 手 順 
  • 管内洗浄工 高圧洗浄車のホースの先に噴射ノズルを付け、常用圧力130s/u、吐出水量210g/分の噴射ノズルからの水噴射により、下流人孔より上流人孔に向かって進め、上流人孔に到着後下流側ホースを巻取りながら、管渠内を洗浄します。その際管口等にホースがあたり損傷をきたさないようガードローラーを管口にセットして、管口の保護を行います。
  • テレビ調査工 管内洗浄工によって洗浄されている洗浄されている管内にカメラヘッドを導入します。
  • 導入されたカメラヘッドから送られてくる映像をテレビカメラ車のモニターに写しだし管内の状況を観察し、ビデオテープに収録しながらカメラヘッドを移動します。
  • 異常箇所(管本体、継手部分、取付管接合部分、管口)については、カメラを止めて直視、側視によって観察し、タイプ打ち込みによる説明を行うとともに写真撮影を行います。
  • カメラヘッドの導入は原則として上流側より下流側に向かって行いますが、管内に除去不可能な堆積物や交通関係で下流側よりカメラを導入して調査を行う場合があります。
(3)作業状況 (例)
     
 
クラックA
 
破損A